校長室から ~「全力は美なり」は幸手市立幸手中学校の校是です。~

本校は、昭和22年4月11日に幸手町立幸手中学校として発足し、平成28年に70周年記念式典を挙行、本年度は75年目の新たな一歩を踏み出しました。これまで、19,905名の卒業生を輩出し、諸先輩は各分野において数多く活躍しております。

さて、令和3年度の幸手中学校は、15学級(含む特別支援学級3)、生徒数471名(1年生150名、2年生162名、3年生159名)、教職員39名で教育活動を続けています。
「学び続ける生徒」 「心豊かな生徒」 「活力ある生徒」を学校教育目標として掲げ、心技体の調和のとれた心身ともに健やかな人間を育成すべく、本年度も自ら課題を求め、目標に向かって進んで努力する生徒が集う学校の実現を目指して、校是「全力は美なり」の下、意欲的で活発な教育活動を展開してまいります。
 また、道徳教育の充実を目指し、「生き方学習を中心とした学校づくりの推進」を道徳教育方針として、本年度10月22日には、第50回関東甲信越中学校道徳教育研究大会 埼玉大会の会場校として、研究発表等が行われました。
本年度も、一人一人の教職員が持てる力を十分に発揮し、全職員が一丸となって生徒の成長のために取り組んでまいります。 皆様方の御支援と御協力をお願い申し上げます。



幸手市立幸手中学校
校長 島方勝弘